山本真莉 〜 サンバ・ボサノバ ヴォーカリスト ギタリスト


Discography
 「サヨナラ」(加々美 淳&Celsinho Silvaプロデュース)
2004年12月23日に加々美 淳が全面プロデュースした、山本真莉初のCDとなるマキシシングル『サヨナラ』がBELEZAレーベルより発売されました。

 透きとおった歌声と日本語のオリジナル曲が幅広い層に支持されている山本真莉。ブラジル音楽との出会いにより、独自の世界を広げてきた彼女のオリジナル曲の中でも、特にサンバ カンサォンが“ハマる”曲「サヨナラ」がきっかけとなり、2003年2月にブラジル、リオ デ ジャネイロでのレコーディングが実現しました。

 この時レコーディングされたのは、「サヨナラ」と「あなたへ向かう想い」の2曲。加々美 淳と、ショーロの名門グループConjunto Época de Ouroと共に来日し、日本にもファンの多いパーカッショニストCelsinho Silvaとの共同プロデュースで、アレンジは同じくÉpoca de Ouroのメンバーとして来日したギタリストでもあるRogério Souza。彼らを中心に、現在リオで活躍しているミュージシャンにより演奏されました。

 「サヨナラ」はサンバ カンサォンで、乾いた明るいサウンドの中に切なさが漂う仕上がりに。また「あなたへ向かう想い」は軽めのサンバとしてアレンジされ、すぐそこで演奏しているかのような、楽器ひとつひとつの存在感がリアルなサウンドと共に、“ブラジル”を感じさせます。この2曲はブラジル人ミュージシャン達にも好評でした。

 さらに2004年11月、石川県小松市でレコーディングされた「星が降る夜に」が収録されています。こちらは加々美淳の曲に山本真莉が詞をつけたもので、この曲はギター、ヴァイオリン、コントラバスという弦楽器のみの編成で、クラシカルな美しいサウンドになっています。

 どこか懐かしさを感じさせるやさしいメロディーとブラジル音楽の出会い。ホッとひと息、くつろぎの時間に聴いていただきたい作品です。

 ◇収録曲
   ・サヨナラ (山本真莉:作詞/作曲 Rogério Souza:編曲)
   ・あなたへ向かう想い (山本真莉:作詞/作曲 Rogério Souza:編曲)
   ・星が降る夜に (山本真莉:作詞 加々美 淳:作曲/編曲)
     価格:¥1,200 税込

※CDの入手方法
  CDをご入手希望の方は、「メール」にてご連絡ください。
  折り返し詳細をご連絡差し上げます(ご住所、お名前、御希望枚数をご明記ください)。

・ご試聴は右のMYSPACEをクリック… 




 【参加アルバム】
  バックグラウンドヴォーカルとして参加した作品です。
  私の声ってどこか現実味がないそうで…そこをかっていただいての参加でした。

・松たか子「雨の色」(『A Piece of My Life』に収録)

初めてのレコーディングのお仕事でした。松たか子さんはご自身でも曲を書いていらっしゃいますが、メロディーとか雰囲気、いいなあって思います。ちなみにこれは日向敏文さんの曲。ハモリ好きなので楽しかったです。
(注:よく聞かれますがご本人にお会いしたことはありません…)

・日向敏文『Heavenly』

リゾートミュージックシリーズとして写真家とミュージシャンのコラボレーションで毎月発売されたシリーズの第一弾「ハワイ」。ふんわりとした優しい日向さんの世界が広がってます。
私はあちこちに効果音のように顔を出してます(もしかしたらこれも声?みたいなのもあるのです)。とにかく軽く!とファルセットでたくさん歌うのが大変でした。でもどんどん自分の声が重なっていくのが楽しかったな。レコーディング用のマイクってすんごくきれいに入るんですよね。インストルメンタルですが、最後に一曲だけ、加々美淳さんとダミオンさんが歌ってます。これ、知らない人多いでしょ?隠れた名曲(?)です。

▲top

Copyright© Mari Yamamoto All Rights Reserved


CGI-design